Labo-A作品No.3 『Take Off 君の夢が聞こえる』設定集・1

那由他 幸吉(なゆた こうきち)

 人類最大の夢・史上初の有人動力飛行機開発に挑む本編の主人公。志織を飛行機実験中の事故に巻き込んでしまいその夢を挫折しかけるが、志織本人に励まされ彼女に大空を飛ぶことを誓う。日清戦争で父を亡くしたことから戦争と軍人を嫌う節があり、末永財閥からの援助がうち切られた際、陸軍からの援助の申し出を断る。

 これまでこのサイトで発表してきた作品の主人公と違い、最初から「確固たる目的」を持っていると言う点では(あくまでも「この点」にだけね)、最も『漫画の主人公』らしいキャラクターでしょうか? しかし実質的主人公の座は、見事に志織さんに持っていかれてしまいました。

 髪型は鳥の翼をイメージしています。『大空を飛んでみせる』という彼の信念の強さの表れなのか、どんどん髪が長く(大きく)なってしまいました。

←右・飛行服(飛行機実験時の服)

 服のデザインはOVA『ロボットカーニバル』(1987年)に収録されている『明治からくり文明奇譚』の主人公・三吉のコスチュームを参考。…っていうか、そのまんま(笑)。

 

 幸吉の名前は、江戸時代にグライダーのようなものを造って空を飛んだと伝えられている「浮田幸吉(うきたこうきち)」からとっている…ではなく、テキトーに名付けたのですが、たぶん誰も信じてくれないでしょうからそうしておきます。「なゆたこうきち」では、どうしたって「浮田幸吉の捩りじゃん!」としか思われないので、そう思ってくださって結構です。ちなみにオリジナル版では、名字は「西木」でした。

→左・普段着(和服姿)

 当時はまだ和服姿が当たり前でしたので、ほとんどのキャラクターが和服で登場します。しかし、私には全然なじみのないものなので、構造がよくわからず、描くのには本当に時間がかかりました。左の図では、ちょっと帯の位置が高すぎましたね。

 幸吉は普段でも素足ではなく、きちんと足袋をはいています。これは暮らしている飛行機製作家屋が砂浜にあり、素足では指の間に砂が挟まって不快なためです。決して足の指を描くのが面倒なわけではありません…?。