Labo-A 特別公開・原稿そのまんま!
 スキャナーでパソコンに取り込んだままの修正・補正を加えていない原稿を、画像サイズ3000×4200pixels・解像度72dpiで掲載しています。圧縮率を上げてファイルを作りましたので、少々ノイズが目立ちますが、生原稿の雰囲気はつかめると思います。
ご注意!…というより警告!

 大変重たいファイルですので、ナローバンド(アナログ電話回線・ISDNなど)をご利用の場合は、本当に興味のある方のみご覧下さい。

サムネイルをクリックすると別ウインドウが開き、大きく表示されます。

トーン処理前
908KB

トーン処理後
1.5MB

『零戦—レイセン—』P.01

 『零戦—レイセン—』は実際には原稿を解像度600dpiで取り込んでパソコン処理をしています。グレースケールでの取り込みのためか、スキャナの設定のためか、ベタの部分が原稿より若干薄くなっています。


トーン処理前
908KB

トーン処理後
1.5MB

『零戦—レイセン—』P.17

 『零戦—レイセン—』は原稿制作開始時からパソコンを使うことを前提にしていました。他のページでの夜空の星やギザギザした吹き出し(通称『ウニ』)、吹きつけなど、別の紙に描いてパソコンでペーストしたり、一部トーン処理をしたりしています。余談ですが、全ページで早見大尉の階級章を間違えて描いてしまい(このファイルも間違っています)後でパソコンで直しました。


パソコン処理前
1.6MB

パソコン処理後
1.9MB

『零戦—レイセン—』P.22

 「パソコンは便利だ」と痛感したページ。零戦の大編隊も元は1機描いたものを大きさを変えて、ひたすらコピー&ペースト。パソコンで補正・修正した前と後との違いも含め「パソコン処理後」と見比べて下さい。他のページでの飛行機の編隊も同様に水増ししてあります。トーンでの雲の表現はあまりうまくありませんね(泣)。


トーン処理前
1.5MB

トーン処理後
2.3MB

『零戦—レイセン—』P.33

 作品本編で見られたホワイトの吹きつけはペーストしたもので、原稿には直接吹きつけはしていません。4コマ目のP-51もパソコンで水増ししたため2機しか描かれていません(このコマにはトーンの切れ端が…笑)。あらためて見るとホワイト修正のし忘れが目立ちます(反省)。


1.1MB

『Seaguardian —新人魚伝説—』前編 P.18

 『ここから下のファイルは、新たにRGBカラーで取り込んだものです。生原稿の雰囲気がさらに良くつかめると思います。ただし、原稿が古いので少々黄ばんでいますが…。


2.6MB

『Seaguardian —新人魚伝説—』後編 P.35

 『新人魚伝説』はパソコン購入前から制作を始めていたので(制作途中で購入)、パソコンでの作業はウニや背景のコピーをペーストしたり新聞記事を作ったりする程度です。原稿に直接吹きつけしたホワイト(白のポスターカラー)の様子がよくわかります。それにしても水の表現って難しい…


1.8MB

『Seaguardian—新人魚伝説—』後編 P.44

 描いてて一番嬉しかったページ(大笑)。女の子を描くのは楽しいものです(やっぱ男だよなぁ…私も)。下書きが水色の鉛筆で描かれている(ちなみに水色鉛筆は白黒印刷には出ません)のがわかるでしょうか? ネーム(セリフ)がなかなかまとまらず、何度か書き直した跡が残っています。